2013-06-16

The Courtneys / The Courtneys (S/T)

バンクーバーの女子3人組The Courtneysの6月にリリースされたデビューフルアルバム。
まさにセルフタイトルのデビュー作に相応しいと言える勢いやフレッシュさが聴いてる側の心を強く動かすような感じだ。#1 "Nu Sundae"からして瑞々しいメロディやギターサウンドも冴えわたり、そこにガレージ/パンクな疾走感も相まってそのスピードは始めから終わりまで落ちる事なく保たれている。どちらかといえばシンプルでありながら、だからこそタイトさが問われると思うがもちろんそれは大前提で、さらに根底にしっかりとした意思が感じられるのがすごくカッコいい。骨太な演奏で安定感も抜群でインパクトに溢れたサウンド。とは言え細かい部分は色々な影響も感じられる。#2 "Manion"のようなメロディアスなヴォーカルに掛け合い的なコーラスが入る曲が多い。それがトリオならではの一体感を強くしてパワプルかつ、曲をより魅力的にしていると思う。あと気になるのは彼女らのfacebookや#7 "K.C. Reeves"の歌詞を見てもキアヌ・リーブス推しでよく出て来るキーワード。(タイトルになった2012年リリースのカセットのジャケも)象徴的な物としてやはり90年代の影響が一番強いのでは。ラストの#8 "Social Anxiety"が終わる頃にはまた何度もリピートして聴きたくなるし、なんだかこちらまで勇気づけられる様な心強い1枚。
アルバム表面の写真はギターのCourtneyですが裏面にはドラムとベースのJenとSydneyが。ちなみに姉妹風なあだ名もありますが実の姉妹では無いようです。メンバー全員以前にも別のバンドでいくつかの活動を経ていて、現在ベースのSydneyはShearing Pinxのメンバーでもあります。 —————————————————————————————————————————

Hockey Dad Records : LP[released]June 7, 2013
bandcamp : Digital
*Be A Primitive (Japan) : CD ※6/24追記

—————————————————————————————————————————



同郷のあのバンドが曲名の由来なんでしょうか、冒頭#1 "Nu Sundae"のビデオ。
The Courtneys: "Nu Sundae" from Rookie on Vimeo.

ひと際パワプルな#8 "Social Anxiety"のビデオ。
THE COURTNEYS - SOCIAL ANXIETY from Crystal Dorval on Vimeo.

No comments:

Post a Comment